フォトスタジオでプロフィール写真を修正

投稿日: カテゴリー: 話題

好感度を上げるプロフィール写真の修整テクニック

今やソフトさえあれば簡単にできる「修正」ですが、プロフィール写真撮影後に「やってもイイ」のか考えてしまう方も少なくないと思います。

綺麗なるのは嬉しいですが、誰だか分からなくなってしまうほど「修正」してしまってはイケません。そこで今回はどこまでなら修正しても許されるかを考えます。

それにはまず、あなたがどの様な目的で撮影するかを考えると良いでしょう。芸能人、お見合い、等々使い道は色々あります。

たとえば、芸能人であれば多少の誇張は問題ないと思います。それは実際に会うことがある人は限られますので、プロフィール写真ではイメージを植え付ける感覚で大丈夫でしょう。但し、これから芸能事務所のオーディションを受ける方は、修正などしてはいけませんが・・。しかしもちろん限度はあります。たとえば一重を二重にしたり、顎を削って小顔にしたりなどはルール違反です。これらは根本的に顔の変形をするわけですから実像とはかけ離れてしまします。

一方、肌を滑らかないする、ニキビを除去する、血色を良くするなどの状況的に変化する事項は「修正あり」と思います。時間をかければ、エステなどに通い肌を綺麗にすることも可能ですし、ニキビも治ります、血色だってチークを付ければよくなります。

お見合いでも同様のことが言えると思います。お見合い写真はルックスの証明書となりますので、先方を裏切るようなことをやってはいけません。キレイになるための最大限の努力(ダイエットや会話の練習)は必要ですが、小手先の修正と言うテクニックでベストを作ってはいけません。それに実際に会った時にがっかりさせることは貴方にとってもマイナスだからです。

以上のように適度な修正テクニックは歓迎されますが、過度に行うのは敬遠されます。
修正の上手なプロフィール写真フォトスタジオ